【第7話】世界はひろかったよ。日本の常識は世界の常識じゃ、なかったよ

【みどり劇場・第7話】
◆世界はひろかったよ。
日本の常識は世界の常識じゃ、なかったよ】
〜106日間、24カ国、30カ所を巡る旅〜

こんにちは、銀生みどりです
私の自叙伝、「みどり劇場・第7話」の始まりです(笑)

▼前回の第6話はこちら

【みどり劇場・第6話】 ◆頭の中の雲が晴れた。やっと快晴の空が見えた◆ 〜ネットの友人が証人の離婚届け〜 こんにちは、銀生(ぎんしょう...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年10月中旬に離婚届のハンコをもらい
ネットの友人二人に証人になってもらい
郵便にて離婚届が戻ってきた
12月中旬、晴れて私は独身になった
この後の私には、大した事件は起こらなかった
看護師は3月末で退職すると決めた

退職金が予想外に少ない・・
船旅が終わって帰国したら、
収入がないのでどうしよう・・
なんて、お金にまつわる、モヤモヤした感情はやってきた
この感情をモヤモヤ星人と名付けた

時折やって来るモヤモヤ星人をやっつけつつ過ごし
家族には船旅のことは伝えたのは、3月だった
職場の同僚が私の退職を知ったのは、2月末だった

職場の同僚には退職の理由を誰にも伝えてなかった
退職が発表されるとすぐ
次はどこ(の病院)で働くの・・・と聞かれた
106日間の船旅と伝えると、職場は騒然とした
呆気にとられたというほうが正解かもしれない

羨ましい・・帰ってきたら、話を聞かせてと
たくさんの人に言われた
いまだに誰一人、元職場の同僚たちは、
SNSでの私のことは知らない(笑)

私は、3月末に退職した
そして、2018年5月8日横浜港より
私はピースボート・オーシャンドリーム号に乗り
106日間の世界旅行へ旅だった

ワクワクし乗った船の旅、ピースボート
いざ乗ってみたら、
船内での生活は精神的引きこもり状態だった
お客さんがたくさん乗っていて
人混みが苦手な私は心の居場所がなかった
船内の企画がたくさんあって退屈しないはずが
やりたいことがなくて暇を持て余すこともあった

陸に上がっての観光はもちろん楽しかった
北欧では公衆トイレが有料だったり
南米では警備の警察官集団に
写真撮影をして良いか尋ねると
集団で笑顔で応じてくれたり
日本の常識は世界の常識ではないことが
あらてめて知らされた

 

船内での精神的引きこもりでなかったら
もっと色々なものを得られたと思うが
貴重な経験をさせてもらったのは間違いない
船を降りるころには仲間もできたし

 

106日間の船旅でたくさんのことを
受け取ったのは間違いない
一番の財産は、
やると決めたら夢は叶うという
自信を得ることができたことかもしれない

これはこれからの私に人生に
めちゃくちゃ大きいと思う
船旅から帰国した私はなんたって
”自分を幸せにする自信がある”のだ
そして船旅から帰国後の私は
さらなる幸せを獲得したのであった
(続く・・・)

 

▼第8話はこちら

【みどり劇場・第8話】 ◆毎日が楽しくて、笑っていたら、縁もやってきた◆ 〜断捨離の後の引き寄せ、 引き算の後の足し算は、楽しいぜー〜 ...
メルマガやってます!

メールマガジンも配信中! よかったら登録してね☆

お名前(姓名)
 
メールアドレス

powered by ReserveStock

Related Entry

ネットの友人が証人の離婚届

ネットの友人が証人の離婚届け〜やっと頭の中の雲が晴れた!〜

Silver Lifeに学んだことを伝える看護師

Silver Lifeに学んだことを伝える看護師 「銀生みど...

【第3話】モヤモヤの日々

【第8話】毎日が楽しくて、笑っていたら、縁もやってきた

退職そして世界一周の旅へ!〜みどり劇場第7話のはじまり♪〜

【第1話】私が50歳で「大人の家出」を決めた日